スタジオインク株式会社

センス不要!配色に困った時に使える「配色の黄金比」

デザインに使える優れた比率は実は「配色」にもあるのです。キャラクターデザインやイラスト、ホームページのデザイン等色々な場面で活用できる便利比率です。

配色には大きく分けて、「ベースカラー」、「アソートカラー」、「アクセントカラー」の3つの要素があります。このそれぞれの要素に黄金比がありますので、今回はその比率をご紹介します!

〜各カラーの役割と黄金比〜

ベースカラー:ベースカラーとは3つの構成の中で最も大きな面積をもつ色です。全体のイメージがこのベースカラーによって決定されます。比率は全体の70%です。

 

アソートカラー:ベースカラーの次に大きな面積をもつ色です。ベースカラーの近似色を選び統一感を出したり、ベースカラーに少し変化をもたせたりする役目をもつ色です。比率は全体の25%です。

 

アクセントカラー:アクセントカラーとは3つの構成のなかで最も小さな面積をもつ色です。部分的に使うことで全体を引き締めたり、見る人の視線を注目させる演出ができます。ベースカラーの補色など使用すると効果的です。比率は全体の5%です。

配色を決めていく作業は非常に難しく奥が深いです。この配色比率を覚えたからといって、美しい色が決めれるわけではなく、色は色でまたルールがあります。明度と彩度を持った「色」の配色ルールもまたご紹介できたらと思います。

過去のブログ

  • contact@studioink.co.jp
  • Mon - Fri : 9:00 - 18:00